千葉の名物 落花生は、老化防止や生活習慣病を予防してくれる健康に役立つ万能食材です

千葉と言えば落花生!落花生No.1と言えば千葉県産!

千葉名物といえばだれもが一番に思いつくのが落花生!濃厚で甘みが強いキングオブ落花生「千葉半立(ちばはんだち)」の落花生を口にした日には、あなたも落花生の虜になってしまうのではないでしょうか?

アンデス地方からやってきた落花生は、明治時代に栽培が始まり、今では千葉県が国内生産第1位を誇っています。ビールのおつまみに、子供のおやつに、そして料理にも幅広く使われている落花生。ただの脇役かと思えば、意外にも老化防止や生活習慣病を予防してくれるなど健康に役立つ万能食材。安価で手軽に日常に取り入れられる落花生は、食べすぎなければ最高の栄養食といえます!

お酒好き必見!落花生のナイアシン

落花生の画像

落花生に含まれるビタミンB群の一種ナイアシンは肝臓の中で糖分、脂肪分、アルコール分などの代謝を促し、肝臓の負担を軽くしてくれる成分です。特に、アルコールが分解されるときにできるアセトアルデヒドという有害物質を分解してくれるので、お酒を大量に飲む人にはとくにお勧めです。

実はこのアセトアルデヒドは二日酔いの原因となっているので、二日酔いを防ぎたい人はナイアシンをとりましょう。

ガン・心臓病の救世主!落花生のレスベラトロール

落花生の画像

近年の研究で、落花生の渋皮にレスベラトロールというポリフェノールの一種が豊富に含まれていることが判明しました。レスベラトロールは抗酸化力が非常に強く、ガンや心臓病などの生活習慣病を予防する効果が優れています。

身体がサビつくのを予防し、血液をさらさらにし、さらにガンにも効果がある落花生の渋皮。研究がどんどん進むにつれ、近い将来ブームがやって来るかもしまれませんね?

千葉の名物!落花生のおいしい食べ方

落花生は殻を剥いて食べるだけでなく、いろいろな調理方法があります。中でも、ピーナッツバターはご存知の方も多いでしょう。その他に、「落花生はかたくてなかなか食べづらい」という高齢者の方にとっても食べやすいレシピやお子様のおやつに合ったレシピなどを紹介します。

ジーマミ豆腐

落花生プリンの画像落花生はかたくてなかなか食べづらいという高齢者には、沖縄料理のジーマミ豆腐がお勧めです。甘い蜜をかければデザートにも変身します。ジーマミ=地豆=落花生(ダジャレっぽいですね?)

  1. 殻と薄皮をむいた落花生を、水に1時間ほど浸す
  2. (1)に1カップの水を加え、ミキサーにかけてミルク状にし、ふきんなどでこしてしぼる※しぼりかすは、おからとして利用できる
  3. 鍋に(2)のしぼり汁を入れ、カップ2の水ででん粉を溶き入れ、中火にかけて底のほうから木べらなどでかき混ぜながら、30分ほど練る。
  4. 水で濡らした容器に入れて冷やす
  5. 器に盛り、好みのたれや蜜をかける。

味噌ピーナッツ

落花生プリンの画像野菜のディップに、ご飯のお供にどうぞ。一度食べたらやみつきになります。ピーナッツの大きさはそのままでも、お好みで砕いてもおいしいです。おかしなのかおかずなのかは・・・・判断はおまかせします。

  1. 茹でた落花生の皮をむき、キッチンペーパーで軽く水分を取る
  2. ボールにすべての調味料を合わせておく
  3. 温めたフライパンに油を入れ、中火でピーナッツを4〜5分炒める
  4. ピーナッツに火が通ったら火を止めて(2)を混ぜ入れ、冷めたら出来上がり!

千葉の名物 落花生No.1

落花生に関する商品イメージ 国産落花生では一番古くから栽培されている品種である千葉県半立種の落花生は、たいへん美味です。 千葉県半立種の落花生の味は、外国産に比べると、独特の香ばしさがあり甘みが多いです。

さやが黒く、見た目は小粒であることが特徴にあります。また、独特な歯ごたえが、他の品種とは違い、本来の落花生の香ばしさを味わえます。

千葉県落花生の主産地としては、八街市が有名です。その歴史は古く明治時代から栽培が始まりました。

八街市の土壌・気候は、落花生栽培に最適で、輸入物や他の生産地のものと比べてとても味がよく中でも千葉半立種という品種は、最高級品種としてブランド化されています。是非、一度お試しください。

メニュー

メインメニュー
当サイトについて